心配要りません。練習は嘘つかないですから。

今夜もこれからバンドの練習なんですけど。
ほぼ毎日練習してて確実に言える事があります。

やっぱ、練習は嘘をつかないというか、上達するにはそこに時間を使わないと絶対無理。

どうしたら早く上手くなるかなんて考えてる時間があったらさっさと自分で練習したり分からない事を他人に訊いたりしたほうがいいです。

時間がないとボヤいてる方は、時間を捻出する努力はもちろんするべきですが、仕事の合間でも自分の音楽的パフォーマンス向上の為にできる事はありますよ。

例えば、車で通勤されている方はラジオやiPod等で曲を聴きながら、信号待ちでリズムに合わせてドラムを叩くようにヒザを叩けばリズムキープの鍛錬になるしグルーヴの何たるかがカラダで分かってきますよ。
たとえギタリストでも、カラダでグルーヴを感じなければいいプレイはできないですからね。

偉そうな事を言ってますが、僕もまだまだなのでこれから練習します。
(。-_-。)

ライブ共演者の立ち振る舞いから学ぶ絶対やっちゃいけない5つの事

ある日の防災イベントで共演した女性の見た目もキャラも強烈なだけでなくライブパフォーマンスがあまりにもエンターテイメントとして間違っていたので反面教師としてそこから様々な学びをいただいた事に感謝するとともに、自分を戒める為の備忘録としてここに記す次第でございます。

1.オーディエンスの反応がないのは自分の力量不足なのに、それが理由で自分は不愉快だとアピールして拍手を強要するべからず。

2.他人の曲、ましてやプロとして充分成り立っているアーティストの歌を歌いながらその歌詞に合いの手のようにイチャモンをつけるべからず。文句があるなら歌うな。

3.ライブ中にオーディエンスがドン引きするようなノロケ話をするべからず。

4.他人を歌が下手だとDisるべからず。ましてやお前も下手やないかいと決して突っ込まれるべからず。

5.ライブパフォーマンス時以外も誰かに見られていると心得よ。くわえタバコはみっともないやろ?(しかも女子)

(オマケ)梅雨時なのにSEでドリカムのWinter Songをかけるべからず(笑)

以上を踏まえて人前で演奏するという事はどういう事なのかよ〜く考えよう。

そんな彼女、この防災イベントに参加していた昼食中の自衛隊のお兄さん達にも遠慮なくタメ口で切り込むその勇気というか遠巻きに見ててものすごい嫌がってるのを気づいていないのが痛い、いやひょっとしたら気づいてるんだけどシレ〜っと無視してるとしたら彼女はスゴいのかもしれない等と考えてるうちはむしろ自分が彼女のペースにハマっているのですよ。惚れたか?(笑)

んな訳ない。
(´Д` )

自分の好きな事で他人から便利だと思われたらあなたはどんな気分になりますか?

3年ぐらい前のある日、ライブでギターを弾いて欲しいとオファーを受けたのですが、foo fightersの来日公演を観に行く予定が入ってたので断った事があります。そして、その公演は本番10日前にメンバー体調不良を理由にキャンセルとなりました。

その旨をオファー主に伝えたところ、
「そっか、じゃあお前、ライブ出れるよな?」
って事になったのですが、その瞬間から3ステージ分計30数曲を覚えなきゃならないと知った時は絶対無理だと思いました。しかも、譜面が揃ってる訳ではなく、演る曲のYouTubeアドレスがメールで送られてきただけ。音も自分で拾わないといけません。

まともに憶えていたら間に合わないですから、印象的なフレーズだけしっかり音を拾って、あとは曲の雰囲気を損なわないように良い意味で適当に弾きました。

この経験をきっかけに、ライブ前に不安にならなくなりました。
これ以上過酷なオファーが来たら話は別ですけど(笑)

こんな事もありました。

知り合った音楽仲間の家に初めて遊びに行った時、

「おー、丁度よかった!」

と案内されたのはMTRの前。

そこに座らされヘッドフォンをかけられギターを渡され、

「今録音してたんだけど、この曲のギターソロがイマイチでさぁ。お前、代わりに弾いてくれるか?」

って言われたけどこんな事ってあんまりないですよね?(笑)

何とか仕事を終えた後で、出来を気に入ってくれた彼から、

「お前、便利なヤツだなぁ!」

と言われた事は僕にとって嬉しい記憶として残っています。

自分の好きな事で他人から便利だと思われるのはとても幸せです。
だってそれは頼りにしてくれてるって事ですからね。
いいようにコキ使われてたまったもんじゃねぇよと思ったら、それはあなたの好きな事ではないんです。

それに、スガシカオさんが昔、

「好き嫌いに関係なく、ヒトは頑張った方向に引っ張られていく」

みたいな事を言っていました。

だから何か理由をつけて好きでもない事を頑張るのではなく、好きな事を頑張ったほうがいいですよね。

はい。僕も頑張ります。
(。-_-。)

ギターを複数本所有していると必ず訊かれる質問に対しての答え方

「何でカラダはひとつしかないのに何本もギターが要るの?」

複数本ギターを所有するギタリストの方は、今までこんな事を言われた事があるのではないでしょうか?

そんな時、何て答えてますか?
僕はこうです。

「Wiiとかプレステ持ってる?あ、持ってるのね。ゲームソフトは1本だけ?んな訳ないよね?それと一緒だよ。ギターがゲームソフトで俺が本体なの。それぞれに特徴があって、それぞれに適した出番ってのがあるのよ。このライブは絶対こいつで出るとか、この曲はこいつじゃなきゃダメとか。こだわり出したらキリがないけど、お客さんに観に来てもらったりCDを買ってもらうのにそこは最善を尽くさないと失礼だから手が抜けないでしょ?わっかるかな〜?わっかんねぇだろうなぁ〜」

イェ〜イ。
(σ゚∀゚)σ

毎日ブログを更新する重要性について日付が変わる前に駆け込みで偉そうに言い放つの巻

間もなく明日になろうとしている訳ですが、昨日自分に果した誓いを破ってしまいました。

毎日このブログを更新する事にしていたのに昨日できなかったんです。
先々週に参加した講座で、ブログを毎日更新する重要性に気づき、というか重要なのは知っていましたが。

例えば、100点満点の記事を週に1回更新するより、60点の記事を毎日更新すれば1週間で420点ですし、数をこなす事で質の良い記事を書くチカラが身に付くんです。

むしろ数をこなさなければ質は上がらないと断言できるのではないでしょうか?
それに、放置されていていつ更新されるかわからないブログは訪問する気にならないですよね。

あーまったくおっしゃるとおりですわって事で、自分でこの記事を書いて、何だかめまいがしてきました(笑)

明日もがむばります。

(;´Д`A