歌心を忘れない

こんちわ。シバタです。


最近、僕が叩くドラムが意外と好評で恐縮です。これからも精進します。ってか、本業は歌とギターですからね。そちらのオファーもお待ちしております。

なぜドラムを気に入ってもらえるか何となくわかるんです。きっと使いやすいんですよ。余計な事絶対しないですから。

余計な事っていうのは、やたらとシンバルを入れてみたり、派手なフィルなんかもそうです。
一言でいうと「歌心を忘れたドラム」です。

歌以外のパートなんて、歌を引き立ててナンボですよ。それを「俺のギターソロを聴け!」だの「このフィル、カッコいいだろ?」ってなっちゃうから聴く側がウンザリするんです。本当にスゴい人はそんな押し付けがましくないですから。控えめにサラッとやってくれます。

その点私は腐ってもいちボーカリストでありますから、ここで余計な事をしたらボーカルは歌い辛いだろうな?とか、ここは徐々に盛り上げていったらボーカルのテンションも上がるだろうな?とか、常にボーカル目線で叩かせてもらっておりますよ。自分がうっとおしいと思う演奏はそりゃ他人もうっとおしいでしょうに。

何度も言いますけど、やっぱ歌ありきなんですよ。

(この投稿を書いている最中に何度かご一緒したドラマーの訃報を知りました。歌心のあるドラマーでした。楽しそうに叩く姿が忘れられません。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です