「上手い」だけでは勝てない事がある

こんちわ。シバタです。

某企業店内放送用オリジナルソングのレコーディングに参加した時の話です。

そのオリジナルソングは、その会社の社員が作ったもので、忘年会の余興でギターを弾いて歌い、それの録音されたものを後日社長が聴いたのがきっかけで、全店(全国展開です)で流す事になったんです。

先ず、作者とスタジオでお会いして、曲を拝見しました。
シンプルでキャッチーでなかなかいい曲でしたよ。

その数日後、オケが出来上がり、メインの仮歌とコーラスを担当しました。
作者がそれを聴きながら歌い、僕の仮歌と差し替える段取りです。

ここで問題が発生。

作者の歌唱レベルの問題で、曲とのピッチが合いません(笑)

そこでディレクターから僕にトンデモな依頼が。

「このピッチのズレたボーカルに合わせたコーラスを入れてくれないかなぁ」

いやぁダメでしょ?(笑)
そもそも曲と合ってないんだから。

この案件、どう切り抜けたのかディレクターに今度確認しようと思います。

もうとっくにカタチになっていて、店内で流れているそうですけど、いろいろ怪情報が届いておりまして、

「インストだったよ」

「お前のコーラスは入ってた」

だそうです。

さすがに僕も気になったので、お店に行ったら違う曲がかかってたから店員さんに訊いてみました。

「店内で流れるオリジナルソングってありますよね?」

「あー、それでしたら商談室で使用しております」

という事で聴けませんでした。

もちろん日の目は見てないのですが、なぜか僕のボーカルバージョンを持っている友人がおりまして、お前のほうがいいぞって言ってくれるんですけど、しゃあないわね。
ってか俺にも聴かせろよ。

そりゃクオリティーの面でいえば、僕がメインを歌ってカタチになったほうがよかったですよ。

だけど、この案件は作者が歌う事に意味があるんです。それには勝てませんよね。

あなたにも同じような事はないですか?
脇を固めるのも立派な仕事です。
こんな事で腐ってたらダメですよ。
(●´ー`●)

おっちょこちょい

こんちわ。シバタです。

先程、栄のコインパーキングに2時間ちょっと止めて、その辺りの相場がだいたい30分200円なのに、看板を読み間違えて20分300円のとこに止めちゃったんですよ。

料金は1,000円ぐらいだと思ってたのに。
清算してビックリしたわ。

2年前にも大阪で、日曜日休みの立体駐車場に土曜日から止めっぱなしで車を出せなくなって近鉄に乗って帰ってきた事もあるし。

清算の時に自分の番号と間違えて他人の支払いをする事も年に1回あるし。

コインパーキングとは相性が悪いのね。
(´Д` )

有言不実行

こんちわ。シバタです。

今日、久し振りにキックボクシングのレッスンを受けました。
かれこれ1ヶ月半ほどサボってたから、終わったら汗だくのクタクタですよ。

でもね、こんなに激しくカラダを動かしたのは久し振りなのでスッキリしました。
今はおそらく明日襲われるであろう筋肉痛に怯えております。

お世話になっているジムに入会して2年半になります。
これでも最初の1年ぐらいは週に3回通ってたんですよ。
僕より後の入会なのに一生懸命練習してビギナーの試合に出てる方もいます。
なので「試合に出ましょうよ」ってたまに誘われるんですけど丁重にお断りさせていただいております。

それにはふたつ理由があって、

ひとつめは、僕がキックボクシングの道場に通ってるのは試合に出る為ではなくて健康維持の為だからです。

僕の周りで元気な方はヨガとかジョギングとか何かしらの運動をしてる方が多いです。
そりゃ楽しく汗をかけば健康になりますよね。

もうひとつは、例えば試合に出てケガをして、ギターが今までどおり弾けなくなったり歌えなくなったりしたら大袈裟ですけどその後の人生を生きていくのが辛いからです。

人にはそれぞれ優先順位がありますよね。
僕にとっては音楽が不動の一位なんです。
人前で演奏するんだから体型を維持したい、カッコよく歳を重ねたい、僕にとって楽しく汗をかく運動がキックボクシングだったんですね。

という事で、レッスンは頑張るけど試合は出ないですよという有言不実行なのでありました。

本来の意味とは違うけど。
(。-_-。)